医療分業が進む今日、薬剤師の業務内容も調剤だけにとどまらず、在宅医療など、多岐にわたってきております。これからの薬剤師は今まで以上に薬の正しい知識を身につけ、患者様によりよい医療を提供する義務があると思います。
北摂調剤では医療と福祉を通じて、地域の皆様の健康作りのお手伝いができるよう努力し続けます。

北摂調剤の事業内容

北摂調剤では下記事業を運営しています。

  • 調剤薬局業務 処方箋に基づきお薬を調剤します
  • 在宅医療業務 定期的な通院が困難な患者様に対し定期的な訪問を行い支援します

調剤薬局業務

調剤薬局業務

『調剤薬局』では、医療機関から発行された処方せんに基づき、患者様にお薬を調剤し、提供することをおもな仕事としています。
医師は診察等の医療行為に専念し、薬に関することは薬剤師が担当する――医師・薬剤師がそれぞれの専門分野で連携し、安全かつ効率的な分業により医療の向上をはかるという『医薬分業』が定着するにつれ、調剤薬局の重要性が大変高まってきています。

調剤薬局での薬剤師の主な仕事は以下の3つです

●調剤業務
医療機関の医師が発行する処方せんをもとに薬を調剤し、患者様にお渡しします。
●薬歴管理
患者様個々のお薬服用の歴史を管理するものです。どの様なお薬を飲まれて来たのか。
また、副作用が出たお薬が過去にあるかなどを記録する『薬歴』です。
●服薬指導
お薬の服用の仕方や効能や保管方法などをお知らせする他、日々の健康についてアドバイスをする事で患者様に薬の情報を提供します。
また、お薬の情報提供と言う一方通行だけでは無く、副作用が起こった時の情報を集め、医師に薬の効き目や安全性、品質などの情報をフィードバックします。
北摂調剤の特徴 北摂町剤は、お薬を通じて患者様に「元気」と「安心」をお届け出来るよう努力してまいります。

在宅医療業務

在宅医療業務

現代日本は高齢化が進んでいます。我々は薬局へ来る事が出来る方だけのサポートでは無く、薬局へ来る事が出来ない方へも『在宅医療』と言う形で患者様の健康をサポートしています。
近畿調剤では、来る未来に向けますますの充実を図ってまいります。

●在宅医療とは
在宅医療とは、何らかの事情で定期的な通院が困難な患者様(ケアが必要な高齢者の方や、障害をお持ちの方)に対し、定期的な訪問を行いながら、可能な限り患者の精神的・肉体的な自立を支援し、患者様とその家族のQOL(生活の質)の向上を図るシステムをいいます。
高齢化などの社会的背景のもと、徐々に注目を集めていて、これから重要度が増す分野です。

北摂調剤にはこれからを担う人材がもっと必要です。